2017年08月07日

安倍首相「愚民ども!75歳まで年金は出さないから働け!就職先はないけど」

75歳まで年金無支給

年金受給年齢引き上げ 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中 

≪いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。
そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。
高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 
2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 

政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等しい。 
年金政策に詳しい社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。 

「厚生年金の保険料は今年18.3%まで引き上げられる。 
給料が上がらない中、現役世代にこれ以上年金の負担を強いるのは無理です。 
しかも少子化で働き手、つまり年金の担い手も少なくなっていく。 

労働力人口が減る中で、政府の『一億総活躍プラン』というのは“一億死ぬまで働け”ということなんです。 
誰も死ぬまでは働きたくないから、政府は国民に“65歳を過ぎても、70歳を過ぎてもまだ若い。 
75歳まで働かなくてはつまらないでしょう”という意識改革をしている」 

◆「75歳」ではもらっても楽しく使えない 

しかし、それは暗黒の老後を意味する。 
経済ジャーナリストの荻原博子氏が語る。 

「健康寿命は個人差が大きいものの、高齢者で趣味にお金を使うのは70歳代前半までの人が多い。 
80歳を過ぎると毎日散歩をして足腰が弱るのを防ぐのに精一杯、90歳になるとバスにも滅多に乗らなくなります。 
年を取るほどお金は使わない。 
それでも、人間というのは自分が死ぬとはなかなか想像しようとはしないものです。 
『明日死ぬかもしれないからお金を使おう』ではなく、『このまま長生きするとお金が足りなくなる』という不安の方が大きい。 
だからお金を使わない。それでも年金を75歳受給にして、高齢者がやっとたっぷり年金をもらえると思ったときには、そのお金を楽しく使える健康な体ではなくなっていたというのでは老後の楽しみも何もなくなってしまう」≫ 


(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
70過ぎたらかなりおかしい人も増えてくる。
………………………………

(´・Д・`) 60歳で定年と同時に死ぬ奴はすごく多いぞ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
75歳に何ができるんだよ
………………………………

(´・Д・`) デイサービスに行けるぞ。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
支給しなくていいから、払った分だけ定年で返してくれ 
利子もいらんから
………………………………

(´・Д・`) 米国債買っちゃったからないんです。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
75まで働ける環境もないだろ 
会社は60で放り出されるというのに
………………………………

(´・Д・`) 定年制廃止で、45歳以降は不正規に。


(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
アホな事言うなよ。政治家の失策だろうがよ。 

こんな事言う腐れどもに75歳まで炎天下で土方や旗振りさせたいわ。 

ウンコみたいな世の中だのう
………………………………

(´・Д・`) 要するに、60歳を過ぎたら死んでくれと…。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
男の平均寿命って75より数年長いだけやろ 
保険料払い続けて貰わずぽっくり狙ってるやろ
………………………………

(´・Д・`) あっ、介護料はもうすぐ三割負担な。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
自殺者が50万人ぐらいになるかも
………………………………

(´・Д・`) 庶民は60歳になったら死ぬしかないから、5000万人は死んでもらわないと…。
安倍は人類史上最悪の虐殺者かもな。

(TдT) 情弱の意見>>
………………………………
年金かけるのやめて生活保護もらったほうがいい
………………………………

(´・Д・`) 学会の人、在日の人、ヤクザの人、特殊利権の人以外は権利がありません。在日の人とかなり重複してますが…。

( ゚д゚)、 巷間の意見>>
………………………………
在日朝鮮人への生活保護は打ち切らず、日本人は積み立てた年金も貰えないってどういうこと? 

でもこれも俺には到底理解できんが民意なんだよな。
………………………………

(´・Д・`) 民意=ユダ金

 (。_。) 巷間の意見>>
………………………………
一億総活躍で死ぬまで働けの社会になるなw 
自民党に投票した肉屋を支持する豚の哀れな最期w
………………………………

(´・Д・`) 自業自得だろ。宝くじを買う馬鹿と同じ。

<丶x_x> 巷間の意見>>
………………………………
ホントコレ 
こんな詐欺紛いの制度なら 
貯金した方がいい
………………………………

(´・Д・`) 詐欺でなくて恐喝。一億総喝でした。
3000万人くらいは対象外だが…。




作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード20000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

※↓この作品は一部過激な表現があるため「成人指定」です。18歳以下のよい子は絶対閲覧しないでください。

昭和暗黒伝 楽天

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

ラベル:年金
posted by warabidani at 09:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は植民地時代に朝鮮人にそばをたくさん食べさせ大量虐殺しようとした!

【韓国人】「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」 

「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」 

韓国人の友人の父親からこんな質問を受けた。答えはなんと「そばの毒で殺そうとしたから」らしい。 

そして、「でも韓国人は死ななかった。大根を一緒に食べれば毒を中和できることを知っていたからだ」と続けた。 

「そんな馬鹿な」と思いつつ、調べてみると江戸時代の書物「諸芸小鏡」に「麺類を食して毒にあたらば、大根を食らうべし。毒消ゆるなり」とあることが分かった。 

ただ、この「毒」は消化不良の意味で、死に至るような話ではないと注釈が付いていた。 

植民地時代には日本の風習が多く朝鮮半島にも伝わった。しかし、日本による桜の植樹も「民族の精気を奪うため」と曲解されている。 

「そばに大根」の風習もどこかで韓国に伝わったのかもしれないが、さすがに歪みすぎではないか。≫) 

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
痩せた土地でも育つから。
………………………………

<ノ`Д´>ノ ウリナラの土地が痩せているのはチョッパリがそばの栽培を教えたせいニダ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
なんとしても被害者の立場にならなければ日本からタカれない。
………………………………

<ノ`Д´>ノ 「謝罪しろ」は日常の挨拶ニダ。「ごめんください」と同じ意味ニダ。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
朝鮮冷麺もそば粉じゃなかったか?
………………………………

<ノ`Д´>ノ それはスルーニダ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
鉄道を敷いたのは資源を収奪するためにされてたなあ 
この民族がダメなのはこの手のバカ話を真に受けてるところ
………………………………

<ノ`Д´>ノ この思想で半万年の属国支配を耐えたニダ。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
朝鮮人は日帝36年の間、毒まで喰わされたのに 
人口が倍に増えたのか 
すごい繁殖力だな
………………………………

<ノ`Д´>ノ そば食って性欲が増したニダ。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ところが今では日本のそば粉は韓国産がほとんど 
信州戸隠そばなんて35年前から韓国産そば粉 
ありがたがって食べるほどのもんじゃない
………………………………

<ノ`Д´>ノ チョッパリ向けのそば粉にはウリナラの唾が入れてあるニダ。

v( ̄∇ ̄)v 巷間の意見>>
………………………………
あれ?つい最近平昌関係で「蕎麦で有名な平昌」って記事を見た気がするんだがw
………………………………

<ノ`Д´>ノ 平昌五輪が行き詰まっているのは日帝のそばのせいだったニダ。



作品紹介

内容の詳細はここをクリック

御陰様で通算ダウンロード20000突破しました!御購読ありがとうございます

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります

※↓この作品は一部過激な表現があるため「成人指定」です。18歳以下のよい子は絶対閲覧しないでください。

昭和暗黒伝 楽天

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

ラベル:朝鮮人
posted by warabidani at 08:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする