2009年07月18日

中国の美人死刑囚大量処刑とウイグル・チベット大虐殺の関係

bijinsikeisyu.jpg

中国の美人女性死刑囚の写真がインターネットに公開され、議論が広がっている。それも一人や二人ではない。数十人規模なのだ。

死刑囚の美女がネットで公開され議論に!

≪中国のあるニュースサイトでは、『美しい女性の死刑囚たち』というタイトルで10枚の写真が公開された。写真の背景になった場所がそれぞれ違っており、映画やドラマの一場面であるのか、はたまた実際の死刑直前なのかは現在のところ確認されていない。 公開された写真には数人で銃殺刑を待つ姿や死刑場に移動する姿などが含まれている≫

記事にも指摘してあるとおり、この写真や映像が本物かどうか定かではない。

韓国ではニュース番組で映像を報道している。

中国の美人死刑囚の写真が韓国で話題

≪中国では死刑直前に奇麗な服を着させてくれるケースもある。だが、中国では横領までも死刑になることもあり、さらに凶悪犯罪になるとTVで死刑場面が公開されたりもする≫

などと、まことしやかに解説するものまでいるようだ。

実際のところはどうなのだろうか?
私が調査したところによると、公開された写真のうちの数枚は本物のようである。

震撼図片

上記のサイトでも同様の写真が公開されている。

中国各省におけるあまりに多すぎる死刑判決

≪中国は死刑執行数を公表していないが、中国社会科学院法学研究所のLiu Renwen氏によれば、2005年の執行数はおよそ8,000人としている。またアムネスティ・インターナショナルは、2004年の執行数を少なくとも3,400人と推定、これは世界における死刑執行数の90%に相当するが、他の人権擁護団体はさらに多いと見ている。≫

ということで、毎年数千人も死刑執行していれば、その中に美人がいても確率的に不思議ではない。尤も、2008年はオリンピックイヤーということで、外聞を気にしたのか、公称死刑数は470人と異様に少ない。
実際にはどれくらい死刑が執行されたのかは不明である。

日本でも死刑制度はあるが、中国ほど死刑執行していないので、なかなか美人が死刑になる事態に行き当たらないのである。

重篤な犯罪の責任をとるために死刑に処せられるのは、死刑制度の存在する国においてはやむを得ないことである。それが美人であっても例外ではないことは言うまでもない。

問題なのは、「果たして死刑が妥当かどうか?」ということである。
残虐な行為をしたのなら、死刑も納得がいくところだが、そうでなかったとしたら…。

中国政府も一般的な犯罪者の処刑に関しては、胸を張って公表しているが、政治犯に関しては当然ながら闇に葬っている。

ところで、中国では今年から銃殺をやめるそうである。中国の死刑囚にとっては朗報か?

死刑方法、年内にも全面的に注射執行に 北京

どうも、銃殺だと内臓が痛み、リサイクルに問題があるようだ。

法輪功学習者や政治犯など中国の死刑囚の生体標本に盛岡市民が大喜び

南京大虐殺についても疑っている人がいます。

死刑写真とBBC『南京大虐殺』の酷似

中国政府が、チベットやウイグルで虐殺した人数は数十万人から数百万人に及ぶだろう。

今年のウイグル虐殺の事例を見るまでもなく、未だに年間1000人以上虐殺が行われていると考えていいだろう。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking

タグ:ウイグル
posted by warabidani at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは中国のアダルトビデオの画像です
死刑囚ではないです

他の画像はここにあります
http://imepic.jp/20160822/325880
Posted by みき at 2016年08月22日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123739740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック